投稿日:

木造の住宅を建てる時に気をつけるべき事

木造の住宅を新しく建てようと思った時に考えないといけないのは家が雨水に強くなるように
設計しないといけないというのがあります。

なぜなら木造の家を建てる時に適当に家を建ててしまうと雨風に弱い家になってしまって
壁が雨風に晒されやすくなってしまって壁から家が腐る事もあるからです。

実際に私も注文住宅を建てる時に木造住宅にしたのは良かったのですが
設計が杜撰で壁が雨水に晒されるという結果になってしまいました。

それで私はその時に思ったのは注文住宅の木造住宅を建てる時は
まずは外壁が雨水にどれだけ晒される事になるかをしっかり見極めるのが大事だと思いました。

特に屋根からの雨水がしっかり下に流れるように設計しないといけないと思いました。
なぜなら私はその事を考えずに注文住宅を建てたのですがそのせいで屋根からの雨水を
上手い具合に下に流す事ができないで大変な事になってしまいました。

しっかり雨どいを作っていなかったせいで屋根からの雨水が壁にもろに当たって
壁から家が腐りそうになったというのがありました。

なので注文住宅の木造住宅を建てる時は外壁が雨水に弱い状態になっていないか
しっかり見ないといけないです。