に投稿

一戸建ての方がいい住宅設備を入れられる!

一戸建て住宅にして良かったのは、良い設備が入れられたことです。マンションなどの集合住宅ですと、自分でリフォームができる物件にしても、やっぱり高めの設備には手を出しづらいですよ。だって、そのような自由度の高い物件の場合、既に家賃が高かったりしますから。

高めの家賃を払っていくだけで精一杯で、住宅設備のリフォーム資金までためている余裕はないですよ。しかし低めの家賃の物件ですと、制限が多かったりするわけです。ですから「自分好みに変更する」なんてできないわけです。

家賃が高い賃貸物件は、相場並みの部屋よりも良いスペックの住宅設備が入っている傾向はあるでしょう。けれども、土地が小さくても一戸建て住宅の設備と比べると、スペックが落とされたものだったりするのですよね。そこが不満に思っていたところでした。

広いキッチン、ヘッドの大きいシャワー、それに足を伸ばして入れるお風呂…といったように、私はマンション時代から「住」に関する希望はあったわけですから。ですから一戸建てマイホームを注文住宅で建てる際には張り切りましたよ。そしてもちろん、自分が好きな住宅設備を入れたわけです。そしてとても満足です。