投稿日:

住宅の遮音性を高める2つのポイント

木造一戸建ての家作りでは、遮音性が1つのポイントになります。コンクリート造りの住宅と違って、木造は音が気になりやすいからです。近所からの物音が気になるという話も、よくあります。
遮音性を良くするにはどうすれば良いかと言うと、例えばガラスには配慮してみると良いでしょう。特に外からの物音が気になる方々には、多重ガラスがおすすめです。
確かに物音は、壁からも聞こえてきます。ですから多くの方々は壁の建材にこだわっていますが、それよりもガラスの方が音が伝わりやすいのです。窓ガラスを多重にするだけでも、だいぶ遮音性は高まる傾向があります。
また床に対しては、畳なども見当してみると良いでしょう。一般的に木造住宅の床は、フローリングよりは畳の方が音が伝わりづらい傾向があります。
住宅によっては、下の階からの物音が気になってしまう事もあります。しかし畳を床面に敷いておけば、物音も吸収してくれるのです。
ですから木造住宅の音が気になる時には、多重ガラスと畳がおすすめです。